東京工業大学 理学院 物理学系
物性理論グループ 古賀研究室
研究内容
研究内容
発表論文
会 議 録
解 説
学会発表
国際会議
修士論文
博士論文
受 賞
物性理論・強相関系
古賀研究室では、量子力学や統計物理の方法を用いて、物性基礎論ならびにその応用に関する研究を行っています。特に最近話題となっている冷却原子系、軌道自由度を持つ電子系、量子磁性体などに見られる興味深い物性をミクロな観点から解明すべく、"強相関系の理論"を展開しています。これらを研究する方法として、平均場近似、摂動展開などのオーソドックスなものや、厳密対角化、量子モンテカルロ法、数値繰り込み群などの数値計算を組み合わせた手法も用いています。

物性物理学にはチャレンジングな話題が盛りだくさんです。私たちは、これらの物理学の基本に関わる問題を取り上げ、多体電子論を駆使して最先端の物性理論研究を行っています。最近取り上げているテーマの例として、以下のものがあります。
準周期構造を持つ強相関電子系
キタエフ模型と量子スピン液体
相関電子系の非平衡物性
冷却原子系と光格子系
軌道自由度を持つ強相関電子系
テーマの詳細はこちら
〒152-8551 東京都目黒区大岡山2-12-1
東京工業大学 理学院 物理学系 古賀研究室