著書・解説記事
[28] Motoaki Hirayama, Ryo Okugawa, and Shuichi Murakami
"Topological Semimetals Studied by Ab Initio Calculations"
J. Phys. Soc. Jpn. 87, 041002 (2018).
[27] 平山 元昭、奥川 亮、村上 修一
「第一原理計算に基づくトポロジカル半金属の新物質・新物性」
固体物理 52, 663-670, 2017.
[26] 養田 大騎、横山 毅人、村上 修一
「らせん結晶における電流が誘起する軌道磁化」日本物理学会誌 72, 872, 2017.
[25] YoshiChika Otani, Masashi Shiraishi, Akira Oiwa, Eiji Saitoh and Shuichi Murakami
"Spin conversion on the nanoscale"
Nature Physics Progress Articles, 2017. doi:10.1038/nphys4192
[24] 村上 修一
「スピンホール効果とトポロジカル絶縁体」(科学立国日本を築く Part II 榊裕之監修)
89-95, 日刊工業新聞社, 2017.
[23] 村上 修一
「物質中の電場と磁場―物性をより深く理解するために―」(フロー式物理演習シリーズ13 須藤 彰三・岡 真監修)
共立出版, 2016.
[22] 秋光 純、村上 修一、前田 はるか、伏屋 雄紀(共著)
「基礎物理学 電磁気学」 培風館, 2016.
(村上担当分:7-40, 付録)
[21] 村上 修一
「マグノンの熱ホール効果」
固体物理 50, 631-641, 2015.
[20] 村上 修一(翻訳)
第34章「多層系およびパターン化された磁気構造におけるスピン波」
「メタマテリアルハンドブック 基礎編」(Filippo Capolono[編]、萩行正憲・石原照也・真田篤志[監訳]), 887-957, 講談社, 2015.
[19] S. Murakami
"Spin Hall Effect and Inverse Spin Hall Effect"
Spintronics for Next Generation Innovative Devices, 77-97, Wiley, 2015.
[18] S. Murakami
"Hybridization of Topological Surface States and Emergent States"
Topological Insulators: Fundamentals and Perspectives, 11-30, Wiley-VCH, 2015.
[17] 齋藤 英治、村上 修一
「スピン流とトポロジカル絶縁体―量子物性とスピントロニクスの発展―」(「基本法則から読み解く物理学最前線」シリーズ第1巻 須藤 彰三・岡 真監修)
共立出版, 2014.
[16] S. Murakami and T .Yokoyama
"Quantum spin Hall effect and topological insulators"
Spin Current(Series on Semiconductor Science and Technology 17), 272-295, Oxford University Press, 2012.
[15] 村上 修一
「直観で伝えるスピンホール効果とトポロジカル絶縁体」
科学 81(7), 740-746, 岩波書店, 2012.
[14] Shuichi Murakami
"Monopoles in Spintronics"
JPSJ Online-News and Comments [March 12, 2012].
[13] T. Fujita, M. B. A. Jalil, S. G. Tan, and S. Murakami
"Gauge fields in spintronics"
J. Appl. Phys. 110, 121301 (2011).
[12] Shuichi Murakami
"Quantum spin Hall systems and topological insulators"
New J. Phys. 13, 105007 (2011).
[11] S. Murakami and N. Nagaosa
"Spin Hall Effect"
Comprehensive Semiconductor Science and Technology Volume 1, Elsevier, 2011, 222-278.
[10] 村上 修一
「隠れた位相―ホール効果と幾何学的位相」
数理科学 577, 2011, 53-58.
[9] 村上 修一
「トポロジカル絶縁体・総論」
表面科学 32(4), 2011, 174-181.
[8] 村上 修一、平原 徹、松田 巌
「トポロジカル絶縁体の物理」
日本物理学会誌 65, 2010, 840-848.
[7] 村上 修一
「トポロジカル絶縁体とディラックコーン」
固体物理 45, 2010, 477-484.
[6] 村上 修一
「スピンホール効果の理論」
スピントロニクスの基礎と材料・応用技術の最前線 第13章, シーエムシー出版, 2009
[5] 村上 修一
「ベリー位相とスピン」
数理科学 528, 2007, 14-19.
[4] 村上 修一
「スピンホール効果とスピンエレクトロニクス」
日本物理学会誌 62, 2007, 2-9.
[3] 村上 修一、永長 直人
「スピンホール効果の原理と応用」
応用物理 75, 2006, 342-345.
[2] 村上 修一
「スピンホール効果」
パリティ 21, 2006, 27-28.
[1] 村上 修一、永長 直人
「半導体における電場誘起スピン流」
固体物理 39, 2004, 27-34.